乳歯の仕組み

乳歯から永久歯に一度生え変わることから、人の歯は二生歯と呼ばれています。乳歯は20本存在し、永久歯と比べて小さく弱い作りになっています。前歯は乳中切歯から乳犬歯まで、残りの2本を奥歯として、全部で5種類の歯で成り立ってい...

歯周病とは

歯周病を放っておくことの恐ろしさとして挙げられるのは、歯周病が最悪の事態の段階まで陥ってしまうと、歯茎の周りが空洞となってしまうために、歯が溶かされてしまい、菌が奥まで進行してしまうという風になってしまうわけです。 この...

歯ブラシの種類

歯のブラッシングというものは歯ブラシによって行うわけですが、その歯ブラシにも様々な種類があり、硬いものから非常に柔らかいものまで、様々な種類の歯ブラシが売られるようになってきたことは素晴らしいことだと捉えています。 ここ...

感性を磨く

「歯」と「感性」、どう関連しているの?と思うかもしれませんが、歯を磨くことで、感性も磨かれていくという考え方もあるようです。これは、歯の健康状態を良い状態に保つことで、注意力アップや、口腔内の感覚を研ぎ澄ませると言った働...

歯磨きとは

広辞苑で歯磨きを調べると「歯を磨いて清潔にすること」と書かれています。もちろん間違ってはいないのですが、しかしながらそれだけではないと言えるのが「歯磨き」ではないでしょうか。考えてみてください。私たちはどうして、毎日、毎...

電動歯ブラシの構造とは

電動歯ブラシの頭部は、手用歯ブラシの頭部と頸部が一体化した形態をしています。把柄部には動力源であるモーターが内蔵されていて、頭部は把柄部から着脱できるような構造になっています。 電動歯ブラシは、モーターの回転が伝わること...

電動歯ブラシとは

電動歯ブラシはそもそも、手用歯ブラシを使いこなすことの難しい障害者のために、20世紀半ばに考え出され、アメリカで商品化されました。その後の口腔清掃への意識の高まりにあわせて、一般の人からも関心を集めるようになり、使用され...

歯ブラシの頸部・把柄部とは

頸部とは、頭部と把柄部の間にある太さが細くなった部分のことです。以前の頸部は把柄部の延長で、太さもほぼ同じでしたが、材質の改良などにより細く長くできるようになったので、最近の頸部は4、5センチほどの長さで把柄部よりも数ミ...

歯ブラシの頭部とは

歯ブラシの頭部は、専門的な見地と加工技術の向上により、次第に小さくなり、狭い口の中でも動かしやすく進化しています。さらに、毛先を使ってのブラッシングが重要視されるようになっているため、植毛の長さは短くなってきています。 ...

歯ブラシの定義

歯ブラシとは、そもそも歯を磨くための小さなブラシのことで、古来から歯を清潔に保つために用いてきた「房楊枝」から伸展してきた口腔清掃用具のひとつです。かつては「歯磨楊枝」と呼ばれていました。 歯ブラシは、ナイロン毛あるいは...