歯科治療を歯科予防へ

皆さんは、1日に何回歯を磨く習慣がありますか?その習慣は、どのように身につけられましたか?歯を磨く習慣と同じように、歯の定期検診に通う習慣を身につけて頂きたいと語るA歯科クリニックの院長は、患者さんの歯を治療するのは、私達の役目ではあるのですが、本来、自分の歯を守るのは、患者さん自身ですから、歯の治療ではなく、歯の予防として当歯科クリニックに通院して頂きたいというインタビュー記事を月刊新聞のコメント欄に述べられていらっしゃいました。食べ物から、完全に糖分を削除する事は困難ですが、毎日のデンタルケアと、定期的に歯科医で、歯の検診を受ける事は可能なはずです。是非とも、多くの皆さんに、歯科予防を実践して頂きたいというような抱負を述べられていらっしゃいました。どうして、定期的に歯科検診に通院する患者さんが少ないのかと考えてみると、もしかしたら、ただ単に、そのような習慣がないからかもしれませんね。歯磨きをする習慣を教わったように、歯の歯科検診に定期的に通院するような習慣が身に付けば、多くの患者さんは、自前の歯を失わないで済むはずなのです。歯の治療が必要な状態で、歯科を訪れるより、歯や口内環境が傾きかけた時期に、歯科を訪れ、適切な処置を随時受けていれば、歯はある程度の健康低な状態を保つ事ができるのです。そのような教えは、現在のところ、日本全国各地での復旧は、まだまだ余地はありますが、今後、A歯科クリニックの院長先生のように、地道に患者さんらに喚起する事で、少しずつその輪が広がりをみせていくのかもしれません。そのような思いを抱えながら、病院の待合室に置かれた、月刊新聞のコメント欄を眺めていました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です