歯ブラシの種類

歯ブラシは色々な種類がありますが、大別すると手用歯ブラシと電動歯ブラシとがあります。誰もが気軽に使えるのが手用歯ブラシであり、販売価格もリーズナブルなものが多いのですが、最近はお手頃な電動歯ブラシも見かけるようになりました。それだけに、我々が比較検討する対象となる歯ブラシの数は増えているように思われます。両者の特徴を簡単に説明しましょう。手用歯ブラシは頭部が植毛部になっており、そこにはナイロン毛や天然毛が植えられています。使い方が決まっている以上、基本的なフォルムの差は商品間でありませんが、細かな装飾、デザインの違いで差別化が図られています。他方、電動歯ブラシは植毛部と柄部から成る点は手用の構造と似ていますが、柄部の内部に電源が存在します。つまり電気で植毛部を微振動させることで、汚れを効率的に採り除き、歯肉に刺激を与える仕組みになっています。電動歯ブラシは開発が続けられており、最新式のものは様々な機能を有しています。また類似商品として音波歯ブラシも販売され始めています。以上、歯ブラシの主流である手用歯ブラシと電動歯ブラシについて説明しましたが、歯ブラシには変わった種類も存在します。例えば、電子歯ブラシやソーラー歯ブラシ、円型歯ブラシといった商品も見かけることがあります。植毛部の材料もナイロンばかりでなく、ゴム製のものも売られています。医療関係者であれば、歯間ブラシや舌ブラシ、介護用ブラシを使うこともあるでしょう。用途に合わせて様々な歯ブラシが開発され、役立っているのです。歯ブラシはその機能も大事ですが、デザインも軽んじるべきではありません。定期的に歯を磨くためには、歯ブラシのデザインが魅力的であることも大切だからです。例えば子供用の歯ブラシは凝ったデザインが施されています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です