歯科医の歯ブラシ

歯科医院で使われている歯ブラシは、市販されている歯ブラシと異なるのでしょうか。実は両者の外見と機能に大きな差は無いのですが、歯科医院用の歯ブラシは若干小さい仕様になっています。また比較的平らで真っ直ぐな形状を成しています。これは歯科医の指導の下で磨く訓練に使われるためです。市販の歯ブラシにはその用途が無いため、少し曲がっていたり、頭部が大きかったりすることがあります。言うまでもありませんが、安全性に関しては一切差がありません。ところで歯科医院で使う歯ブラシは使い捨てですが、自宅で使用する歯ブラシは毎日磨くため、汚れが溜まってしまいます。消毒等の作業は必要なのでしょうか。歯ブラシを消毒する必要は専門的観点からも無いと言えますが、磨いた後は念入りに洗うことが求められます。蛇口から新鮮な水を流しながら洗うと良いでしょう。洗った後は水をよく切り、風通しの良い場所で保管するようにします。ポータブルタイプの歯ブラシに付いてくるケースに保管する人もいますが、決して衛生的とは言えません。歯ブラシは毎日きちんと管理すれば数か月前後は使い続けられますが、できれば毎月換えた方が良いでしょう。汚れの問題に加えてナイロン毛の耐久性の問題もあるからです。ナイロン毛を長期間使い続けると、弾力性が落ち、清掃効果が低くなります。歯ブラシの寿命は義歯を磨く場合にも当て嵌まりますが、そもそも義歯は普通の歯ブラシではなく、義歯用歯ブラシで磨くべきものです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です