デンタルフロス

普通の歯ブラシでは磨けない箇所を清掃したい時は、デンタルフロスが活躍してくれます。デンタルフロスはナイロンの糸で磨きますから、口腔の細部の汚れをかき出してくれます。特に歯列不正部の清掃では無類の能力を発揮します。歯列不正と言えば成人のそれを思い浮かべるかもしれませんが、小児の乳歯列も空隙が十分でない場合が多く、デンタルフロスが活躍してくれます。デンタルフロスは慣れると簡単に使えますが、初心者は歯肉を傷つけないように使うことが求められます。歯間を通すため、その勢いが強ければ切ってしまうことがあるのです。デンタルフロスには種類があり、ワックスタイプとアンワックスタイプが知られています。ワックスタイプは名前の通りワックスが付いているため、コンタクト部分の摩擦係数が小さいのが特徴です。一方、アンワックスタイプは歯面に密着する分だけ清掃効果が高いのが特徴です。変わったデンタルフロスの例としては、スポンジタイプとホルダー付きフロスがあります。スポンジタイプはプラークを取り除きやすく、好んで使う人が少なくありません。ホルダー付きフロスは初心者用のフロスで、子どもや障害者であっても簡単に使用することが出来ます。フロスの太さや張り具合等は商品によって様々ですが、基本的な形状はF型とY型です。F型は下顎前歯部に、Y型は臼歯部に用います。ホルダーはフロスを巻きつけるために付いているのですが、付け替えることも可能です。因みにフロスも電動フロスなるものが登場しており、振動でプラークを除去できるようになっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です