電動歯ブラシ

一般的な歯ブラシに加えて、電動歯ブラシの種類も多く販売されています。電動歯ブラシは電気の力で動きますので、人力で磨くよりも労力が少なくて済みます。正しく使いこなせれば、手で磨くよりも短時間でかつ多くの汚れを落とすことができます。 電動歯ブラシは、大きく分けて三種類あります。1つはその名の通り、「電気で動く」というシンプルなものです。1分間に数千回振動する「振動式」、円形のブラシを回転させて磨く「反転式」、最近では反転式に上下の微振動を加えた動きが主流となっているそうです。2つ目は、音波振動式の電動歯ブラシです。1分間に数万回振動するそうで、高速で電動することが特徴です。3つ目は、超音波の歯ブラシです。ヘッドの部分に超音波発振子を備えています。発する超音波が水や唾液を伝わって作用し、歯垢を分解します。振動をする訳ではないので、ブラシを手で動かして磨く必要があります。やっていることはあくまで「歯磨き」と同じですので、電動歯ブラシを使う場合にも、歯磨き粉を使うことが推奨されています。電動歯ブラシを使うときには、まず動かしやすい位置で握りましょう。歯や歯茎を磨くときには、力を入れ過ぎないことを意識しましょう。数秒間「当てる」ことが大切です。動かす時には、歯列に沿ってゆっくりとブラシを移動させていきましょう。磨く順番を決めておくとやりやすいそうです。丁寧な手付きを心掛けましょう。 電動歯ブラシは回転速度が速いため、間違った使い方をすると口内を傷つけてしまう可能性があります。子どもや高齢者など、使い慣れていない人が使う場合には注意をして見守ることが必要です。機械ですので取扱説明書をよく読み、正しく使用しましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です