歯磨きのやり方

歯磨きは日常的に行っていることですが、その磨き方を意識したことがあるでしょうか。歯磨きの方法は、大きく分けて3種類あると言われています。
1つ目は、スクラビング法です。歯の表面に直角にブラシを当てて、小刻みに動かす方法です。歯と歯の間や、歯と歯茎の境目の汚れを落とすことができます。歯の面はもちろん、噛み合わせの歯垢を落とす効果が高いとされています。
2つ目は、バス法です。歯と歯茎の間に45度の角度でブラシを当てて、小刻みにブラシを動かします。ブラシは握り込むのではなく、人差し指と親指の腹で挟み込むように固定をします。歯と歯茎の間に充てることを意識することで、効果が上がります。3つ目は、ローリング法です。名前の通り、歯ブラシを回転させるように動かします。上の歯であれば上から下へ、下の歯であれば下から上に磨いていきます。初めに歯茎に当ててブラシを動かしていくことから、歯茎のマッサージの効果も期待できるそうです。小回りのきく、小さ目のブラシであれば磨きやすいでしょう。
歯ブラシは、部位によっても役割が違っています。つま先(先端)は奥を磨くのに適しており、細かい汚れを取ることができます。ブラシの真ん中は、前歯の側面を磨くのに効果的です。ブラシのかかと(下側)は、奥歯の手前側の歯垢を落としやすいそうです。複雑な位置に生えている歯は、毛先が歯の面に直角に当たるように角度を変えながら、小刻みにブラシを動かしましょう。どの磨き方であっても力は最小限に抑え、歯茎を傷つけないことが基本とされています。歯磨き粉の併用も、推奨されています。奥の見えない位置であれば手鏡などを使って、確認しながら磨いていけば分かりやすいでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です