乳歯の仕組み

乳歯から永久歯に一度生え変わることから、人の歯は二生歯と呼ばれています。乳歯は20本存在し、永久歯と比べて小さく弱い作りになっています。前歯は乳中切歯から乳犬歯まで、残りの2本を奥歯として、全部で5種類の歯で成り立っています。生後8ヶ月頃から下の乳中切歯から生えてくることが一般的で、続いて上の乳中切歯、手前から奥へ順に生えてくるそうです。期間としては2年から3年と言われていますが、人によって順番も期間も変わってきます。あくまで個人差のあるものですので気長に見て問題はありませんが、極端に遅いという場合には「萌出遅延」になっていることもあります。これは病気ではありませんが、今後のためにも一度歯科で確認してもらった方が良いかもしれません。
歯が生えることにより、「噛む」という動作ができるようになり、顔の形も整います。乳歯の時点で歯並びに気を配っていないと、後ほどの歯並びにも大きく影響するそうです。また永久歯が生えてくると楽観的にはならず、乳歯の時点でしっかりと歯のケアを行いましょう。乳歯は永久歯と比べて、エナメル質と象牙質が薄くなっています。そのため神経との距離が近く、虫歯になった時に痛みを感じやすくなってしまいましょう。自宅でしっかりと歯みがきをすることは当然ですが、定期的な歯科健診を受診することで正しい歯のケア方法を学べます。
乳歯には芽があり、これを「歯胚」と呼んでいます。この細胞は、実際に歯が生えた時の形や大きさなどに影響を及ぼします。歯胚は妊娠中、6週から8週の間に作られるとされており、母親の栄養状態が大きく関わってきます。妊娠中の時点から、歯のためにもバランスの良い食生活を心掛けましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です