歯ブラシの種類

歯のブラッシングというものは歯ブラシによって行うわけですが、その歯ブラシにも様々な種類があり、硬いものから非常に柔らかいものまで、様々な種類の歯ブラシが売られるようになってきたことは素晴らしいことだと捉えています。

ここで一つ歯と歯茎の仕組みについても考えておく必要があります。歯と歯茎の隙間には、様々な隙間があり、この部分をしっかりとブラッシングしなければ、虫歯を招いて行くことになりかねません。いわゆるエナメル質と呼ばれる部分に虫歯がくっついて、どんどん進行して言ってしまうと、結果的にはあまり良くない事態を招きかねないということは、昔から言われているわけですが、この部分を丁寧に磨くことによって、初期的な虫歯であれば完治を目指すということもできるかもしれません。

そのため、日々のブラッシングが特に重要であるとともに、自分自身にぴったりと合った歯ブラシを使うことで、歯や歯茎に負担をかけず、日々のブラッシングを進めていくことができるというわけです。よく言われる、歯周病というものは、歯肉に炎症が生じる、いわゆる歯肉炎と呼ばれる症状を一般的にさすと言われており、歯のベースとなっている部分が徹底的に破壊されてしまう病気で、最近では歳をとった人だけではなく、若者にも同じ症状が見られるというケースがよくあるように思います。自分自身で歯茎が痛いとか歯茎が腫れているとか、自覚症状があった時には重篤な症状になっているということも考えられますから、注意が必要だという風に言えるかもしれません。

歯周病は段階的に進行していくという風に言われることも多く、初期的な段階としてはプラークが歯の隙間などに溜まっていき、真っ赤に腫れ上がったり、この時点ですでに歯肉炎を生じて出血をするということもあるようです。2次的な段階としては、歯がぐらつき始め、ポケットが大きく開いてしまい、その部分に菌が入り込むことで、更なる出血や歯肉の腫れを伴う症状が発生すると言われています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です