感性を磨く

「歯」と「感性」、どう関連しているの?と思うかもしれませんが、歯を磨くことで、感性も磨かれていくという考え方もあるようです。これは、歯の健康状態を良い状態に保つことで、注意力アップや、口腔内の感覚を研ぎ澄ませると言った働きが増すという効果が期待できると言われているからでしょう。また、健康な歯で、しっかり噛んで食事することにより、脳が活性化し、感性を育んでいくという点にも繋がっていくと考えられているからではないでしょうか。さらには、歯磨きの技術を向上することによって、直接的に手先が器用に鍛えられていくという点も注目されていると言えるでしょう。普段、何の気なしに行なっている歯磨きですが、実はこれ、かなり手先の器用きが要求されるものだということをご存知でしょうか?考えても見てください。見えない歯の表面に、小さな歯ブラシの、これまた小さな毛先の面を合わせて綺麗にするのですから、自然と磨き方を考え、かつ手先のコントロールの訓練や運動強化になっていると言えるでしょう。その結果、脳が活性化され、感性の働きにも影響があると考えられているのではないでしょうか。病気や大怪我などを経験した方にはピンとくる方もいるかもしれませんが、当たり前に見えることというものは、実はなくてはならないこと、あることが難しいこととして存在しているものが多いと言えるのではないでしょうか。歯磨きという行為は、日々のセルフケアだけでなく、脳梗塞などで手がマヒした場合、立派なリハビリとしても大きな効果を期待できると言えるでしょう。その刺激により、感覚機能を刺激し、寝たきりや認知症の改善につながった事例も多くあると言われています。歯と健康と感性と。歯医者さんでは教えてくれない歯磨きの本質なのかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です