歯ブラシの頸部・把柄部とは

頸部とは、頭部と把柄部の間にある太さが細くなった部分のことです。以前の頸部は把柄部の延長で、太さもほぼ同じでしたが、材質の改良などにより細く長くできるようになったので、最近の頸部は4、5センチほどの長さで把柄部よりも数ミリ細く作られています。頸部が細くなったことで、歯ブラシを操作した時に、前歯や唇に把柄部が当たることが少なくなり、操作性がかなり向上しました。そのほかにも、頸部にカーブをつけた歯ブラシや、角度をつけた歯ブラシが市販されるなど、工夫を凝らした用具が開発されています。
把柄部は、正しいブラッシングを行うために、刷毛部の形態と同じくらい重要な部分です。ほとんどの把柄部は合成樹脂でできており、弾力のある厚みと幅で手に馴染むように製造されています。基本の型は、刷毛面と平行もしくは直線になった、毛先に力が入りやすい型になります。このほかにも、把柄部が刷毛に向かって傾斜した歯ブラシや、逆方向に傾斜した歯ブラシなども作られています。また、専門的なブラッシングがしやすいようにと、45度の角度をつけたもの、4面ハンドルのもの、8面にカットしたもの、ストロークが大きくなりすぎると把柄部に内蔵されている玉が両サイドに当たりカチカチと鳴ってお知らせするものなど、いろいろな工夫がなされたものもあります。また、歯ブラシを握ったときの指の位置がわかるようにと、指の当たる位置を窪ませたり、印をつけたりしているものもあります。さらに、把柄部の末端にミラーやラバーチップ、小歯ブラシなどを付属した歯ブラシも作られています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です