口腔環境による歯ブラシの分類

【矯正装置装着者用】

矯正治療をしている人を対象にした、特殊な形態をした歯ブラシがあります。矯正装置を装着した人の口腔内は複雑な環境にあるので、歯磨きが難しく、口腔疾患のリスクが高いため注意する必要があります。

矯正装置を装着した人向けの歯ブラシは、装置を装着している部分の周りの清掃性を重視して、刷毛部が工夫された形態となっています。しかし、歯ブラシだけで十分な歯磨きを行うことは難しいため、専用のタフトブラシなどを併用すると良いようです。矯正装置を装着した人用のタフトブラシは、植毛を山切りカットにして頸部を内側に傾斜させているので、いろいろな装置などに対応できるように工夫されています。

【歯周疾患のある方用】

歯周疾患や外科処置後の人には、口腔内の状態に合わせた歯ブラシがあります。毛の硬さはやわらかめ〜ふつうまでありますが、術後であったり歯肉に炎症がある場合などには軟らかい歯ブラシを使用します。歯肉に過度に毛先が当たらないように、刷毛部のカットや毛先の形態などが工夫されたものが多くあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です