歯ブラシの歴史

私たちはいつ頃から、どのようにして歯を磨くようになったのでしょうか。また、現在のような歯ブラシはいつ頃から使われるようになったのでしょう。

歯磨きの歴史についての最も古い記録は、紀元前1500年ごろのエジプトのものだと言われています。しかし、実際にはそれ以前から歯を磨いていたのではないかと考えられていますが、確かなことは明らかになっていません。

一般に日本における歯ブラシの起源は、6世紀に仏教伝来とともに伝えられた「歯木」で、歯や舌を清掃することに始まったと言われています。仏教経典に楊枝による「浄歯」が一儀式としてあることから、この習慣はまず僧や仏教徒の間で広まり、やがて一般庶民に広まったのではないかと言われています。こうして庶民に浸透した「歯木」は房楊枝として大正の頃まで使われています。

では現在のような歯ブラシになったのはいつ頃かというと、明治初期に西洋文化とともに流入した西洋歯ブラシの模倣品を作成したところが始まりと言われています。しかし製造はされたものの歯ブラシに対する関心は薄く、一般的に普及し始めたのは明治の後半から大正にかけてのことでした。

西洋歯ブラシが流入し、その模倣によって「鯨楊枝」の名前で歯ブラシが出現しました。しかしその後歯ブラシが一般的に普及されるまで「歯ブラシ」という呼称は使われませんでした。それまで歯の清掃に用いられていたものが楊枝であったからと思われます。形態こそ現在の歯ブラシではありましたが、横楊枝、あるいは歯楊枝、歯磨楊枝などと呼ばれていたようです。

「歯刷毛(はぶらし)」の名称が使用され始めたのは明治の中頃からで、商品名として使用され始めたのは大正に入ってからでした。その後、通常用語として「歯ブラシ」と書かれるようになったのは戦後のことで、つい最近のことなのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です