歯ブラシの種類

一般的に歯ブラシと呼ばれる歯ブラシの種類は、手用歯ブラシと電動歯ブラシの2つに大きく分けられます。

・手用歯ブラシ

手用歯ブラシは、日常で「歯ブラシ」と呼ばれているものです。頭部にナイロン毛や天然毛が植毛されていて、最も手軽で効果的に使用できる口腔清掃用具として一般的に認知されています。

歯ブラシのデザインや大きさなどは多種多様であり、一般的に日常生活の衛生用品として年齢や嗜好、使いやすさ、口腔内状況やブラッシング(歯磨き)方法などの条件によって選ばれ、使用されています。

・電動歯ブラシ

電動歯ブラシは、ナイロン毛を植毛した頭部と、電動源を含む把柄部から構成されていて、植毛部(刷毛部)に機械的に微振動や回転運動を与え、刷掃効果を高めるとともに、歯肉にマッサージ効果を与えようとしているものです。

その機能性を高めるために、刷毛部の形態や運動の様式に、様々な工夫を凝らしたものが開発されています。また、最近では音波の周波を利用した音波歯ブラシ・超音波歯ブラシも注目されています。

・さまざまな歯ブラシ

一般的なものの他に、電動歯ブラシ、ソーラー歯ブラシ、特殊な形態をした小歯ブラシ、円型歯ブラシ、ゴムの毛でできたゴム製歯ブラシ、毛先カーブ型歯ブラシ、ワイヤーにナイロン毛を植毛した歯間ブラシ、舌ブラシ(舌かき)、義歯(入れ歯)用歯ブラシ、介護用自助歯ブラシなど、多くのものがあります。

また変わった歯ブラシとしては、子供達に歯磨き習慣が自然と形成され、楽しく歯磨きができるようにと考えられたおもちゃの歯ブラシなどがあります。さらには、使用者の目を引きつけることを目的として、色や把柄部分にデザインを凝らしたものなどもあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です