悪くなってしまった歯を磨く

歯科医院に診察にかからなければ、直せないほど、重大な事態になってしまう前に、自分自身で、出来るだけ日々のケアをしておき、そのような事態を、未然に防ぐということが重要だ、というふうに考えられるわけですから、しっかりと、自覚を持って日々のブラッシング生活を送ってほしい、という風にも、考えられます。

ですがすでに病気を抱えている歯に対しては、どのように歯磨きをすればいいのでしょうか。

トラブルを抱えた歯の代表格として言えるのは、親知らずではないでしょうか?

親知らずは一般的に、第二次成長期以降に、生えてくることが多く、個人差が大きくあり、大人になった後に生えてくる人も多いわけです。

親知らずが生えてしまうと、周りの班も、大きな影響を受けて、大きな歯周ポケットが空いたり、歯を押してしまったりして、虫歯の原因になる、というようなことも、よくあるようですね。

このような事態を、未然に避けることは、やや難しいとは言えますが、親知らずを抜歯することになるにしても、虫歯の状態で抜歯するのと、正常な親知らずを抜くのでは、訳が違います。

いつか、抜くことになるとしても、なるべく、健康な状態を保った、親知らずを保存しておくためには、磨き方に注意しておく必要があるのです。

コツとしては歯ブラシを斜め横四十五度あたりから入れて、親知らずに、毛束の先が、きちんと、当たるようにしておくことが、重要です。そのようにしておくことで、適切にブラッシングすることが出来ると言えるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です