歯ブラシの交換時期

多くの人が忘れがちな問題として、あげられることも多い歯ブラシの交換時期の問題ですが、あまり、気にしないずぼらな人は、歯ブラシを一年そのまま利用しているという人もいるようで、雑菌だらけになっている可能性があることは、何度も指摘されているようですし、雑菌は歯に関する問題だけでない様々な問題を引き起こす可能性があることを知っておきましょう。

あまり、衛生的でない歯ブラシを、使い続けてしまうことは、自分自身の健康を、大きく損なうことにつながってしまうということを、よく、理解しておくことが重要だと、言えるでしょう。

 

最近の研究では、虫歯が、全身の病気に関わっている、などという結果も出ているなどという風に聞いたことがありますが、それに対して、歯ブラシの菌が影響するぐらいに、不衛生なものを使ってしまっていれば、全身の病気に、自分自身が積極的に加担しているとも、受け取られませんから、気をつけておくことが必要だと言えるでしょう。

インターネットでは、歯ブラシは、毛束が開くまで、使っていいのではないかという声や、どれくらい使ったら変えればいいのか、わからないという声や、そもそも、歯ブラシは変えなくてはいけないのか、熱湯などにつければ再利用することができるのではないだろうか、といった様々な声が聞かれていますが、はっきり言ってしまえば、1ヶ月に1回、を目安に、歯ブラシを変えておくと、健康的なブラッシング生活が送れると言えるでしょう。

歯ブラシによっては、残念ながら、1ヶ月もたないものもありますが、基本的には、1ヶ月を目安に、歯ブラシを変えるというふうに考えておくと、いいと思います。

しかし、1ヶ月を待たず、毛束が開いてしまっているものなどは、適切に、プラークを除去することができませんから、早めに、変えておくことが必要だと言えるでしょう。

毛束が開いてしまった歯ブラシは、どのようにブラッシングしても、歯に対して適切にブラシが当たることがないために、うまく、歯垢を除去することができない、と言われています。

歯垢が除去できないということは、ほとんど意味がないということです。

このような事態を避けるためには、歯ブラシが毎日終わった後に、どのような状態にあるか、ということを、確認しておくということが重要だと言えるでしょう。特に、買い替えたりするのを、うっかり長い間忘れてしまうという人においては、なるべく、同じ日に、毎月歯ブラシを変えるようにしておくと、忘れずに済みますし、歯ブラシを変える習慣がつくと、言えるのではないでしょうか。いずれにしても、歯ブラシをそのまま使い続けてしまうということは、歯にとって危険となるだけでなく、全身の病気にもつながる可能性があるということを、知っておくといいかもしれませんね。