なぜ歯ブラシは毛先が開く?

そもそも、歯ブラシの素材というのは、一般的には、透明なナイロン素材のものが使われていることが多い、と言われています。

昔ながらの動物の毛なども、使われることはあるわけですが、動物の毛が、最近、避けられている理由としては、動物の毛の中にはタンパク質的な、成分が含まれているために、歯の菌と混ざり合って、非常に不衛生な環境を作りかねないということから、避けられている、という風にも、聞いたことがあります。

ただし、最近、出ている、動物の毛を用いた歯ブラシなどでは、そのような危険に対してリスクヘッジがされているものもある、という風にも、聞いたことがありますので、詳しくは、ドラッグストアの、専門知識を持った人や、歯科医院などで聞いてみるといいかもしれませんね。

 

さて、一般的な性質が、ナイロン素材であるということは、上述した通りですが、ナイロン、というのは、水を吸い込む性質があるため、しばらく使い続けると、水を吸い込んで、形がそって言ってしまうということは、よく言われることです。

そのため、歯ブラシの宿命として、何ヶ月も使い続けてしまうと、どんどんどんどん、水を吸い込んで、外側に反って言ってしまうという現象がみられているのです。

そのために、期限を守って、しっかりと交換をしていく、ということが、重要だと言えるでしょう。