歯ブラシの使い方

歯というのはただテキトーに磨けばいいというものではありません。

その磨き方にも、注意をしなければならないということは、皆さんが容易に想像できる通りであると思います。

 

現代で問題になっている、歯の病気の一つである、歯周病や、昔から途切れることなく治療が続けられている、虫歯を予防するためには、適切な歯ブラシで、かつ、適切に、ブラッシングをすることが重要だと言えます。

適切な、ブラッシングをすることで、歯周病や虫歯の原因となるプラークを、十分に除去することができるということは、よく、知られているでしょう。

最近では、うがい薬などといったものも、流行しており、歯ブラシの代わりになるなど、という風にも、歌われていますが、実際のところ、プラークは、粘着性が非常に高く、水気のあるものを流し込んだだけでは、歯の表面から、剥がれ落ちることはないと、言われています。

そのため、ブラッシングが必要になってくるのです。

歯ブラシ

歯ブラシでブラッシングする際には、どんな、歯ブラシを使う際にも、端に対して、45°傾けて、ブラッシングをする、ということが、おすすめされているようです。

このようにすることで、歯の側面をしっかりと磨くことができるほか、歯と、歯茎の間の、ポケットにも、しっかりと、歯ブラシの毛束が届くために、磨きやすいと言われています。

そして、何よりも重要なのが、あまりにも強い力で研いでしまうと、歯茎を痛めてしまいかねない、ということです。歯茎を傷めてしまうとこんなんな病気になってしまうことも考えられますから注意が必要なのです。

 

このサイトでは、こんな感じで歯の磨き方のコツをご紹介していきましょう。